2013年09月15日

苦手と得意を挙げてみた

先の記事を書いた後に、家にある発達障害の本を何冊か読み直してみた。そのうち1冊にも、自分の苦手なことや得意なことの再チェックをしようと書いてありました。苦手なことは3つくらい、得意なことはいくつでも。やっぱりこのチェックは重要なんだね。

苦手な部分を具体的に挙げる作業は、「こうした部分を全て克服しなくてはならない。今の自分を丸ごと変えなくてはならない。ということではありません。こうした面を整理しておくと、具体的に何に気をつけたらよいかがわかり、今後の対策を立てるという面で役立つからです。」(田中康雄 著{もしかして私、大人の発達障害かもしれない!?」より引用)とのこと。思いついたこと3つくらいでいいそうです。

長所を挙げる場合は3つではなく、たくさん思い浮かべること。性格面だけでなく、自分の得意なことでも良いとのこと。「役に立つ・立たないという基準ではなく、自分の価値基準でどんどん探し出してみてください。」(引用 同上)

列挙した事柄を客観的に見て、ありのままの自分を見つめるのが、自分を知る一歩になるのだそうです。

苦手な部分は次から次へ出てきて凹みそうだし、長所は自分では見つけられずに困るのではないかと悩みましたが、とにかく実行してみることにしました。

○ 苦手な部分
 ・支払いの書類を作るのがとても苦手だった。
 ・計算が特に苦手。
 ・外からの刺激を受けると、ひどく忘れっぽくなる。
 ・複数のことを同時に処理するのが苦手。
 3つと言ったけれど4つ出てきてしまいました。
○ 得意な部分
 ・作業が丁寧にできる。
 ・土地勘がわりと良い。
 ・行動力がある。
 ・あいさつ、返事を大きな声で言える。
 ・わりと勉強が好き。
 ・フルマラソンが走れる。
 ・よく、お店の人に顔を覚えてもらえる。暖かい言葉やサービスがもらえたりもする。
 ・いろいろな物事に感動できる。

苦手な部分の2倍、必死に考えて、頭の中から捻り出してみました。見つけるのに難儀はしたけれど、見つかってみたら比較的落ち着いた気分になれた気がします。こうした自分の良い点を発掘して、自分のありのままを受けとめながら、積極的に前進することが大事なことなのだそうです。

仕事を辞めることの決心は揺るぎないけれど、自分を落ち着かせながら次の一歩を踏み出したいと思いました。

苦手と得意の分析は、ちょっと疲れるけれど、やってみる価値はありました。ただ、まだ人に自分の長所を人に聞いてみる気分にはなれませんね。ここは、ゆっくりゆっくり、です。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


もしかして私、大人の発達障害かもしれない!?

新品価格
¥1,470から
(2013/9/15 21:39時点)




posted by えお at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

辞めた後どうする

このタイトルは、この後何度でも出てきそうな気がします。それだけいつも頭を悩ませていることだし、簡単に結論の出ることではありませんから−。

退職を決意したと言っても、食べていくあてはありません。トレーダーとして食べていくなんて、とてもじゃないけどあり得ない。何とか仕事を見つけなければいけないけど、正確な数字を求められる仕事だったら絶対無理。これまでの(あまり意味のなかった)克服のための辛くて無駄な努力を思い出すだけでも具合が悪くなりそう。

じゃあ、私に何が出来るだろう。苦手なものの分析は、たぶんきちんと出来ていると思うけれど、うつを煩ってからの、ひどい自己否定の真っ只中では、得意なものや人より優れているものなど見つけられるわけがありません。

もう、藁にもすがる気持ちで、発達障害などに関する様々なサイトに行きました。自分だけで何が得意か分からない場合は、他人に聞いてみるといいと、こちらのサイトに書いてあるのを見つけました。

他人に聞いてみる・・・身近なところに連れ合いがおりますが、私に得意分野ってあるだろうかと聞いて「ない。」って言われたらどうしようという恐怖から、訪ねることはできないかな〜なんて思ってしまいます。

さらに、聞いてみるのに最適な人がいるにはいるけれど、過食症上がりの醜くて情けない(と思っている)自分をさらけ出して聞きに行くことは、今の私には結構ハードルの高いことです。さらに、誠心誠意聞かれたことに答えてくれたとしても、私はそれを素直に受け入れる自信がない。お世辞ばかりとか言ってしまいそう。

そんな堂々巡りで始まる連休の初日。どう行動したらいいかも、もう少し時間がたてば見えてくるかな。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


posted by えお at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

うつ+ADD 歯を悪くする最強コンボ

今日、やっとの思いで歯科治療を再開しました。うつがひどい時は、歯を磨くことさえ億劫で出来なかったし、治療中断していた歯があるのにもかかわらずADDの特徴の一つである「面倒なことは先延ばしにしがち」で、どんどん歯の調子が悪くなっているのではないかと懸念していたのでした。

今までは職場近くの評判の良い歯科医院に通っていたのですが、予約を取るのが大変で、ひとたびキャンセルをして先の予定が立たないときなどは治療中断へまっしぐらになってしまいました。今回は自宅近くの歯科医院なので通うのも楽ですし、それほど混んでいないので最短期間で治療が終わりそうなので期待しています。

肝心の歯の方は、残念ながら1本失うか、詳しく説明を受けないと分からないのですが特別な処置をしなければならないようです。私としては自分がしでかしたことなので仕方ありませんから、両側の歯で固い食べ物も噛むことが出来るようになれば、それでよしとしたいところです。

退職を前提にしている気持ちに変わりはないので、うつの他に身体の悪いところの治療が済んだら、今度は身分証明書の代わりの「原チャリ」の免許を取りに行こうと思っています。以前にも紹介しましたが、退職へ向けての段取りについてはこちらの書籍を参考にしています。

やむなく会社を辞めて、「フリーで・個人で」仕事をする前に読む本 (アスカビジネス)

新品価格
¥1,365から
(2013/9/11 17:27時点)



よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
posted by えお at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

オリンピックにやられた その2

こちらは、株とは関連のない話題で。

東京招致のプレゼンテーションで流れた動画やPR動画、どちらもベタですが素晴らしく、感動しました。





涙もろい方ならば何度見ても泣けてくる動画です。毎度泣けてくるのは私だけですか、そうですか。

先の記事「うつとマラソン」で、ランニングは自己肯定感の低さ改善に役立ったと書きました。スポーツは、他人を意識しない限り、自分はここにいても(生きていても)いいという気持ちにさせてくれるものだと思っています。そんな意味では、どちらかと言えば心情的にはパラリンピアンに相通ずるものを感じているのかもしれません。

ロンドン・パラリンピックの時に話題になったカナダチームのポスターを見ると、不本意ながら心を病んでしまった私も、同じように新しい世界に向かって走って行けたら良いなと強く思います。

ロンドンパラリンピック・ポスター.jpg


動画はこちら 走っている方はカナダのパラリンピック選手、Alister McQueenさん


よろしかったらポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

posted by えお at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

うつ・発達障害とランニング

うつ病の患者はいつも悲観的で、寝てばかりで何もしないし何もする気力がないと思っている人は少なくないと思います。私の場合は、走り始めてから気持ちが安定し、うつをはじめ発達障害の人が悩む自己肯定感の低さは改善したと実感しています。ネットで「うつ マラソン」で検索すると、治療者の方がこちらのサイト(時事ドットコム)で、ランニングを勧めています。

気になるのは「マラソンが走れるくらいなのだから、あいつはうつではなく仮病や怠けているのではないか」と思う人が数多くいることです。というか、自分でそう思ってしまいがちです。決して悪いことをしているわけではないのに、こんなことをしてごめんなさいという心境になっています。

走っていると気分が良いという段階にはとうてい達してはいませんが、長い時間一人で走って、自分と向き合っているときだけは、不思議と自己否定的な思考に陥らずにすみます。それなりに苦しいので余計なことは考えませんし、情けないほどゆっくり走っている、太ってみっともない自分をそのまま受け入れることができます。そして、走った後には、私にもこれだけの距離を走ることができたという、うつの人が持つことが難しいと言われる「自信」を少しだけ持つことができます。今日も時間をかけて長い距離を走ってこようかと考えています。

歩くのとほぼ同じようなペースでも大丈夫。気が向いた方は、一度ゆっくり走られてはいかがでしょう。個人差があるので誰もがというわけにはいきませんが、気分が少し上向くかもしれません。

よろしかったらポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
posted by えお at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。