2014年02月09日

来週の銘柄と会社サイトに思うこと

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

日曜日ですので、来週のお手ごろお薦め銘柄を。

このところの弱気な相場のせいか、なかなか銘柄探しも難航します。そんな中で先週と同じく6210東洋機械金属と、もうひと銘柄6551日東工業はどうでしょうか。

東洋機械金属は1月29日の決算発表以来、概ね順調に上昇していますので、来週あたり下げる局面も出てくるかもしれません。

外しちゃったらごめんなさい。


さて、昨日書こうとして悩んでいた会社サイトについてなんですが。

私がIPO銘柄の確認をする時は、その企業のサイトを必ず見ることにしています。
決算数字や業務内容だけなら、東証や他の株式サイトを見れば事足りるんですけどね。

これらのサイト、その会社がどんないきさつで自社サイトを作るに至ったかが見えることも多々あります。ざっくり言うと、「みんな作ってるから、うちも作らないとね〜」とか、「今度上場するんで何でもいいから作っとかないとね〜」とかいうのって、結構まるわかりだったりする。

会社サイトって、顧客や一般投資家へ、自分たちの会社のことや、会社がどんな方向に進んでいこうとしているかを伝えるためのものなんじゃないかな。

なのに内容が伝わりにくかったり、書き方に親しみが持てなかったりすることが多い気がする。

すごく残念に思います。

社長さん(代表者)についても、写真はベストショットで、あいさつは会社や目指すものに対する熱い思いを表現する場と私は考えているんだけどな。内容がおざなりに見えたり、前向きでないものが少なくないです。

会社や代表者の情報欄なんて、そんなに頻繁にメンテナンスするところではないと思うので、ちょっとぐらい努力や工夫やお金をかけたあとを見せて欲しいと、個人的には強く思っています。
よろしかったらポチッとお願い→ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by えお at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

あの書類は見たくない

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

年が明けて、各証券会社から電子書面や郵送で送られてくる、あの書類。

特定口座年間取引報告書。

この書類が郵送されてくると、先延ばしにしていたメインの松井証券の電子書面を確認しなければと何度も思うのでした。

思うだけ。

だって今年のこの電子書面は恐怖以外の何者でもないんだもの。

認めたくない額のマイナスと向き合わなければいけないからね。

今日午後、SBI証券からの書類が郵送されていたのを見て、やっと松井の電子書面を開く決心をしました。

・・・

思い起こされるあれこれ。含み益が7桁になってすっかり有頂天だった時のこと。リスク分散とは真逆の1銘柄への集中。下落してナンピンしたつもりが裏目にでてまた下がり。結構な額を信用取引に突っ込んだり。

無茶の連発。

この結果、海外にビジネスクラスで行って、結構リッチな滞在(私にとっては豪遊)が出来るくらいのマイナスを出したのでした。

幸い、これに懲りて、それ以降では6079エナリスのお陰もあって、収支は微増になりました。

でも、すぐに熱くなってしまう私には、たまにはこの苦い過去を思い出すことで、頭を冷やす必要があるよなと思ったのでした。

あんな思いは二度とゴメンだ。

よろしかったらポチッとお願い→ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by えお at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

野村の門をたたく

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

私が現在口座を開いている証券会社は全部で9社。

IPOの当選確率を上げるために、一昨年の終わり頃から本気になって口座開設の申込を進めてきました。

IPOの猛者たちは、十数社、あるいはもっと多くの証券会社で口座を開いていることと思います。

ただ私は、目と手が届かない状況になってしまいそうに感じたので、この辺で口座を増やすことを見合わせることにしていました。

その後ずっと迷っていたのですが、今回野村證券に口座開設の申込をすることにしました。なぜ今まで口座を開設していなかったのかというと、当選する気が全くしなかったから。

今回申込をするに至った理由は、昨年後半のIPO。やっぱり主幹事は圧倒的に野村が多いのですよね。いくら当たる気がしないとはいえ、口座を開設していないで、申込をしていないで当たらないというのもどうかなという気がして。

まあ、口座を開設しても、元手が増えなければ、当選確率はなかなか上がらないのは分かっちゃいるんですが、今後も出来る範囲でやれることをしていこうと思いました。結果が出るといいんだけどな。

よろしかったらclickをお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by えお at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

教科書と参考書で復習

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

年末年始の休みが例年より長いので、書くネタを探すのが少々大変になってきました。

お休み中少しの時間でしたが、これまで買った株本をちらっと眺めました。ちらっとと言うのは、お休みとはいえ結構忙しく過ごしていたので、じっくり本を読む時間がなかなかとれなかったから。

明日あさってで、できればもう少しじっくり読み直してみたいと思っています。読み直そうと思っているのは下の3冊。

伝説のファンドマネージャーが教える株の公式 [単行本(ソフトカバー)] / 林則行 (著); ダイヤモンド社 (刊)伝説のファンドマネージャーが実践する 株の絶対法則 [単行本(ソフトカバー)] / 林 則行 (著); ダイヤモンド社 (刊)めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAi「1000万円株バトル!! 」優勝者が教える デイトレ&スイング 株ですぐに儲ける法 [単行本(ソフトカバー)] / Tyun (著); ダイヤモンド社 (刊)


株の公式、株の絶対法則は、私にとって、いわば教科書です。教科書を持っていながら、なぜ昨年は大損を出したかと言えば、教科書に逸脱したことを私がしでかしたからに他ならないわけで。今年は少し基本に戻った取引をしようと思った次第です。

デイトレ&スイング 株ですぐに儲ける法はタイトルこそ胡散臭いのですが、中身はかなりよくできていると感じています。今年の抱負こそ「デイトレには極力入らない」としていますが、デイトレをしていなくても初心者には役に立つことが多く書かれています。これは参考書といったところでしょうか。

これらの本が合う合わないは人それぞれですが、評価だけでも見てみると面白いかもしれません。

kindle版も出ていますが、図が直感的に拡大しやすいiPadにkindleをインストールして見るのが読みやすいです。これらの図が多く書かれている本はkindle端末ではかなり見にくく感じました。

やっぱり通常の書籍がいちばん読みやすいですね。

復習の成果がでるといいんだけど。

よろしかったらclickをお願いします→ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by えお at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

前澤化成工業の優待品

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

7925前澤化成工業から優待品が届きました。新潟産有機減農薬のこしひかり新米です。中をみてみると、とてもしっかりしたきれいな粒です。おいしそうですね。

前澤米.jpg


中身はこんな感じですよ♪


お米の量は3キロなんですけれど、先に届いた1762高松コンストラクショングループと比較すると、株価は約55%で量的は60%なのでちょっとだけお得。

でも高松コンストラクショングループのお米は、魚沼産コシヒカリの新米ですからブランド力があり、まあ、どちらも同じような感じでしょうか。

この時期はお米を買う必要がありません。美味しくいただきたいと思います。

幸運の青い鳥にclick→ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by えお at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。