2013年10月30日

IPO ANAP攻略作戦とメディアドゥの仮条件

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

昨日と今日とで、ANAPとメディアドゥの仮条件決定と取扱証券会社の引受割合がわかりました。

所持金の状況を見ながらどの銘柄を、どの証券会社に、どのくらい申し込むかを考えていかなければなりません。

ANAPの仮条件は960円〜1,000円。想定価格が仮条件の下限ではありますが、想定の範囲内の金額でした。

主幹事は大和証券。前回記念すべき初当選だったオープンハウスも主幹事大和で当選しましたので、縁起が良さそうですし、こちらに1枚。

そのほか、本来ならば、口座のある証券会社の中では、主幹事以外で一番引受枚数の多いSBI証券に申込みたいところですが、非常に申込みが集中すると考えられるので、たまたま使える資金が残っている三菱UFJモルガンスタンレー証券に1枚、合計2枚の申込みを考えています。

メディアドゥの仮条件は、超がつくほどの強気の3,000円〜3,300円。なけなしの資金計画、狂いまくりですよ。

こちらは明日のM&Aキャピタルパートナーズの仮条件発表を待って作戦を練ろうと思います。

しかし・・・こんなに強気の価格設定をされると、ブックビルディングにかかる資金の一部を、連れ合いに借りざるを得なくなります。とすると、万一当たったときには分け前を渡さなければいけません。(-_-;)

利益の独り占めができないじゃないですか、まいったな。

幸運の青い鳥さん、ゲットできますようにclick→ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by えお at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | IPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。