2013年09月14日

フリーETFとノーロード投資信託

これらの違いについて記載されたサイトは数多くあります。フリーETFはざっくり言うと「手数料無料の投資信託という銘柄の株」です。株との違いを挙げるとすれば、単一銘柄で分散投資が可能な点と株価指数に連動している点ですね。

ノーロード投資信託は手数料無料で、さらにインデックスファンドとなれは投資信託の中でも信託報酬が低めになっています。が、フリーETFは手数料が無料な上、信託報酬がさらに低くなっています。こう書いていると「フリーETF最強」みたいな印象がありますが、税法上は「株式」という扱いなので、一般の投資信託と違って、ETFは再投資をすることが出来ません。ですから、複利効果を狙った資産運用を考える場合には、値上がり益を目的とするETFはちょっと向いていないかなと思います。

私の場合、ETFはインデックスファンドよりも流動性が高いと感じていますし(心理的に株式の方が売りやすい)、まさにETFは株と考えています。ノーロード投資信託は、少ない資金で銀行引き落としによる積み立てが可能なので、分散投資という視点から今のところETFは利用していません。

ただ、フリーETFに興味がある方がいらっしゃったら、1日の約定代金が10万円未満は手数料無料の松井証券や、フリーETFの商品を多数取り扱っているカブドットコム証券がお薦めかと思います。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログへ


posted by えお at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。