2013年12月21日

カウンセリング

ご覧いただきありがとうございます。更新頑張ります。クリックしてくださると励みになります。→にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

私は注意欠陥障害(ADD)という発達障害を持っていて、その二次障害のうつや適応障害の悪化により仕事を休職せざるを得なくなりました。

今では症状もかなり改善し、主治医より、日常生活を送るのには問題がなくなっていると言われるまでになりました。

でも、仕事のことを考えると、体調悪化をはじめ、悲観的思考に支配されたり、感情のコントロールがうまくできなくなるため、主治医にカウンセリングを勧められました。いろいろ悩んだのですが、とにかくこの状況は何とかしたいので通ってみることにしました。

先月下旬にインテークという面接があり、今の状況の聞き取りという作業がありました。ここで、過去から現在に至るまでの詳細について、しんどいことも含めてたくさん聞かれたので、精神的にかなり参ってしまい、もうカウンセリングなんてするかなんて気持ちになっていたのです。

でもその後、夏の終わりから悩まされ続けてきた異常な涙もろさが、かなり軽減されたことに気がついたので、やっぱりカウンセリングを続けようと考え直しました。

今日はその2日目。

前回と違う方が担当となり話しを進めました。どうも始めの頃のカウンセリングは、自分の状況を説明しなければいけないことが多く、それがまるで、ちょっと治りかけた傷口のかさぶたを剥がすように痛みを伴うので、かなりきつく感じるのです。

ただ、話していることで収穫もありました。自分の気持ちが言語化されて意識できたことや、仕事をする上では他の人が普通に出来ることが、私にとってとても努力が必要なケースがあることを、少し理解してもらった方がいいこと、理解のある人には助けを求めてもいいことなどに気づくことができました。

今後は二次障害が出現してから出来なくなってしまった自己主張をすべき時にきちんとできるような方向に持っていくことや、低い自己肯定感を通常と言われる状態にしていくために、多少心の痛みが生じたとしても、しばらくカウンセリングを続けていこうという気持ちになりつつあります。

生活のしにくさが少しでも軽くなることを期待して。
ブログランキング・にほんブログ村へ


posted by えお at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。