2013年10月13日

叔母にカミングアウト

少し前に私の両親についての野暮用で、叔母から電話がかかってきた。

私のことを聞かれたので、うつや適応障害を起こして、また仕事に行けていないことを話した。そして発達障害(ADD)だったことも。

叔母は驚かなかった。叔母の目から見ても私は変わった子に見えていたようだ。そして父親が他のきょうだいと比べて私に非常に厳しかったことも話してくれた。もっとも、そんなことは自分でもよくわかっていたけれど。

同い年の叔母の娘(私のいとこ)も、長い間うつや適応障害に悩まされていた。もう一人、別にうつの従妹がいる。叔母からは祖母がとてもエキセントリックな所のある人だったと聞かされた。そしてたぶん家系的にメンタルに弱い人が出る傾向があったのだろうと言っていた。

少しだけ救われた気がした。ひとつは、叔母が私の言ったことを理解し認めてくれたこと。もうひとつは、一般的にうつなどは遺伝するものではないと以前の主治医から言われたが、私ひとりが身内の中で「変わった子」であったわけではなかったことで。

どちらも、だからといって何ということもないし、仕事ができず精神的にも経済的にも困っていることには変わりない。それでも否定や無理解とは大違いなのだ。

残念ながら私の両親は私の発達障害について、もう理解することができないのだから。

応援よろしくお願いしますブログランキング・にほんブログ村へ





posted by えお at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。