2013年09月03日

本日(9月3日)の成績

今日は、昨日のリベンジと言うつもりではなかったのですが、1978アタカ大機一本でいきました。

というのも、ちょっと上昇と下降のクセみたいなものが見えてきた気がしたので、知らないところに行ってやられるよりはいいかなと思って。これも入れ込むきっかけになると思うと、ほどほどにしておいた方が良さそうですけどね。今日は全てに買い値の+11円、−5円で、きっちり返済予約注文を入れました。

最初に446円で買い、457円で売り。順調にプラス。次、たぶん殆どの人が今日の底値とにらんでいたであろう445円前後の446円で買い、前回と同じ値段の注文出して、ちょっと他の銘柄を見ていたら意外な時に約定の音がして・・・イヤな予感。大口の売り注文で一気に−5円どころか−15円で損切りの羽目に。結局直前のプラスはチャラになってしまいました。もう手仕舞いしようかとも思いましたが、これ以上は下がらないと思いもう一回、432円で買い、440円で売りに出しました。

今日の学習。返済予約注文でも大口の売り注文が出てしまったら設定よりも低い価格で約定してしまうということ。普通に考えれば分かるのですが、損切りラインをきっちり入れたので安心しておりました。昨日やられたときの方が金額的にはずっと痛いのですが、今日も「え?」という動揺が思いのほか強く出て、昨日のように「痛い〜」と思ってしまいました。

結局、本日の結果は+10,976円、−15,024円、+7,977円、差し引き+3,929円(手数料込)でした。少額でも良いから、こつこつ拾って行ければ良いですね。できるかしら?

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ


posted by えお at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ・スイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPO エナリス

昨日、6079エナリスが東京証券取引所マザース市場への上場を承認されました。事業の内容は、電力需要家に最適な電力の調達、効率的な電気利用の実現を目的としたエネルギーマネジメント事業などです。

エネルギーマネジメント、電力の取引・仲介を含むパワーマネジメント、探し方が下手なのですが、このような事業をメインにした会社はエネルギー関連株間においては同業他社が見当たらないような気がします。なにより、お手頃想定価格230円は魅力的。

主幹事は野村證券。私が口座を持っている証券会社は、この幹事団の中ではSBI証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券、SMBC日興証券 、大和証券、マネックス証券の6社。大化けはしないと思いますが、お手頃価格で申込単位100株ときたら、片っ端から申し込んでみようと思っています。

情報はエナリスのサイト及び、黒澤ファンドさんのサイトを参考にしています。いつも助かっています。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

今日深夜1時59分まで
posted by えお at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | IPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日(9月2日)の成績

損切りの、えおです。9422アイ・ティー・シーネットワークは、値が動かなかったので950円で買い、手数料込みで−105円。1978アタカ大機には、こてんこてんにやられまして、まず511円で買って、465円で損切り、手数料込みで-46,028円、後場で再び474円で買い、467円で損切り、手数料込みで-7,025円。ああ〜、書いててクラクラしそうです。結果手数料込みで−53,158円、9月はマイナススタートでした。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
posted by えお at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレ・スイング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

許すこと、受け入れること

昨日のNHKあさイチ、ベニシア・スタンリー・スミスさんの特集でした。著書は何度か書店でみかけたりしており「きれいな庭の人」だなと思っていたのですが、彼女の波乱に満ちた人生のことは知りませんでした。今回は娘の統合失調症のこと、夫に裏切られたときのことも紹介されていました。

娘さんの病気のところでは、『「私のことをわかってください」−ジュリーからのお願い』が紹介されていました。ブログにエッセイとして病気のことが記載されていますが、共感できることがたくさんあります。これを見ていると病気の症状は違うものの「こうしてくれると楽」という部分は似ているのかな、と思いました。発達障害全般についても、こうした「取扱説明書」があるといいですね。

ベニシアさんは苦難の末に「許す」という言葉にたどり着いたのだそうです。「許しとは過去を手放すことと知りました。」と言っておられるのですが、私にはまだ無理。親のしつけや小学校の先生の嫌がらせ、人からの嘲笑、理不尽な職場での叱責のうち、いくつかはとてもまだ手放すなど程遠い状態にある。手放せずにいることは、とても辛くて苦しい。

そんなことを考えながら併記された英文を見てみました。" lettig go of the past "、「立ち去る」ということならばできるかもしれない。手放すのは無理でも、立ち去るだけで今はいいと思いました。そのうち、許すことができるようになれば、今の自分を受け入れられる気がしています。

よろしかったらポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


earth music & ecology net shop
posted by えお at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。