2013年08月31日

強力ツール、ゲットだぜ

IPOの書き込みで出た証券会社以外で、私が現在メインで取引しているのが松井証券です。数年前に米ドルMMFを始めるのに口座を開設しました。手数料こそ他社よりも高めになってしまいましたが、1日10万円以下の約定では手数料が無料ですし(10万円以下でETFを購入していくと手数料が無料なうえ、保有コストも少ないので、手軽に投資信託が始められます)、一般の信用取引よりも手数料が安い一日信用取引(デイトレ専用)があるので、そこそこ使える証券会社だと思います。あと、大きめな文字や落ち着いた色のサイトなども、地味に好きだったりします。

今日は月曜日の取引のための勉強も兼ねて松井証券のサイト内にあるチャートフォリオ(前日終値までのチャートを25通りの形状で区分し、該当する銘柄を検索するツール)を見ようとしたところ、メンテナンスの案内が出ていました。同じチャートフォリオはマネックス証券にもあるので、今日はそちらを使いました。

それだけなら、わざわざここで話題に取り上げることもないのですが、今日のメンテナンスは月曜日から新しい取引方法を導入するためで、主な取引方法は、新規注文と返済注文をまとめて発注できる「返済予約注文」というもの。この返済予約注文は、返済注文を新規注文の約定価格を中心に「±○円」として設定できるそうです。益出しは「+50円」、損切りは「−30円」といった注文が、新規注文と同時にできるのが魅力です。

ふせん.pngこれは私のような「もっと上がるかもしれない」「また上がるかもしれない」と、しょっちゅう考えてばかりの優柔不断トレーダーには心強い味方となってくれそうてす。これさえあれば、7月の3672いつもマイナスオルトプラスで100万近く吹っ飛ばすこともなかったかもしれないし、PCにこんな付箋をつけることもなかったかもしれません(-_-;)。

他社ではすでに導入済みかもしれないですが、来月は、このツールを使って月末には利益を出して笑顔で終わりたいものです。


※ いつもマイナスとは、YAHOO掲示板に出ていた表現を引用したものであり、決してこの会社を中傷するものではありませんので念のため。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

今日深夜0時から


posted by えお at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退職するということ

今回の休職では、人事担当者から、次再発したら慈善事業じゃないのだから解雇と言われています。たとえ無事復職できたとしても「次の再発でクビ」のプレッシャーから、適応障害を悪化(過剰適応というのだそうです)させるのは目に見えています。ですから今の時点では、どんなに体調が良くなったとしても、復職をする気持ちには全くなることができません。

そのような理由で休職の手当で細々と生活し、早期退職制度を利用して少しでも退職金を上乗せして戴こう考えています。私にも、それなりにバリバリ働いていた時期がありましたので、早期退職の募集がかかるまで退職を待っても罰は当たらないと思いたいです。すぐにでも今の仕事から離れたい気持ちを抑えて、お金のために留まっていようとしています。

そんなときに見つけた本が「やむなく会社を辞めて、フリーで・個人で仕事をする前に読む本」でした。今の私にぴったりな本だと思いました。まさに「求めよ、さらば与えられん。」です。フリーランスや個人事業を始める前の準備という内容については、まだとても考えるに至りませんが、勤めているうちにやっておくべきこと、という部分は大いに役立つ内容です。

近々にこの本を参考にして、うつで動けなかった時に治療中断していたムシ歯を治そうとか、身分証明書代わりになる「原チャリ」の免許を取っておこう(自動車免許は注意欠陥障害なので絶対に無理(^^;))とか考えています。でも、歯医者は苦痛だし、免許試験場は遠いしで、注意欠陥障害の特徴のひとつ「面倒なことは先延ばししがち」が発動してしまいそうな気がします。ホワイトボードに書いて、「見える化」してプレッシャーをかけておくことにします。

よろしかったら、ポチッとお願いします。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

やむなく会社を辞めて、「フリーで・個人で」仕事をする前に読む本 (アスカビジネス)

新品価格
¥1,365から
(2013/8/31 11:23時点)


posted by えお at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の掛け替えで失敗

先日、ある生命保険を解約しました。

子供が生まれてすぐ進学資金のために、知人の生命保険の外交員(いわゆる生保のおばちゃん)の勧めで、生保版学資保険(こども保険)に加入しました。その保険は3年目以降は毎年10万円が引き出せ、子供が18歳になったら60万払い出される内容のもの。保険料は月に1万少々だったと記憶しています。3年目以降の10万円を全く引き出さなかったので、おばちゃんに掛け替えを勧められたのが医療保険付積立保険。ほぼ定期付終身保険というやつです。

時は流れて、子供も進学のお年頃、その商品(保険の名称)をネットで調べたら、よろしくなさそうな話がちらちら。解約時にトラブルにでも巻き込まれて必要なときに現金化されていないと非常に困るので、保険の解約をしたというわけです。今週、この解約金が銀行口座に振り込まれていましたが、その金額は約160万円。子供保険をずっと掛け続けたらどうなるか指折り数えてみましたら、ざっと210万円になるのです。差額の50万は大きいなあと思った次第です。その知人とは随分前から付き合いはないものの、後味の悪さだけが残りました。

よろしかったらポチッとお願いいたします。にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ
posted by えお at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。